いよいよ実機登場秒読み! 『パチスロ頭文字D』は楽しさレッドゾーン!!

 2021年1月、いよいよ全国のホールに「パチスロ頭文字D」が登場する。それに先立ち、『ベストモータリング公式チャンネル』でこの「パチスロ頭文字D」を実際に打ってみる動画を公開。試し打ちにチャレンジしたのはモデルでレーシングドライバーの「リアル真子」こと塚本奈々美さん。本稿ではその動画を紹介します。

文/ベストカーWeb編集部
©しげの秀一/講談社・2014新劇場版「頭文字D」製作委員会
©しげの秀一/講談社・2015新劇場版「頭文字D」L2製作委員会
©しげの秀一/講談社・2016新劇場版「頭文字D」L3製作委員会
©Sammy
製造元/タイヨーエレック株式会社

【画像ギャラリー】… あの名シーンがパチスロで甦る!! 感涙の場面をぜひホールで!!

■試し打ち動画のほかにも音源収録秘話も登場

 シリーズ累計5000万部、クルママンガの至宝というべき『頭文字D』がパチスロとなって登場。正式発表された2020年10月から多くのファンが待ち望むなか、2021年1月、いよいよ全国のホールに実装される。

 今回それに先立ち、発売元であるサミー株式会社にて、『新劇場版 頭文字D』のアンバサダーで、モデル・レーシングドライバーの塚本奈々美さんが実機を試し打ち。その映像と制作秘話がYoutubeのベストモータリング公式チャンネルで公開された。

 動画ではパチスロ解説にピスタチオ田中さんを加えて、注目の『パチスロ頭文字D』をじっくりと試し打ち。短い時間ながらも原作の名キャラクターが活躍している名シーンや、迫力の効果音、BGM、映像演出、そしてなによりワクワクするゲーム性がバッチリ伝わってくる。

『新劇場版 頭文字D』アンバサダーを務めるものの、「パチスロはほとんど打ったことがない」という塚本さんも、この試し打ちを存分に楽しめたようで、ううむ、どうやらこの台にはパチスロホールに新たな顧客を呼ぶ力がありそう。

パチスロの音源収録のため、日光サーキットにてハチロクや(塚本さん所有の)シルエイティが持ち込まれて実走。収録秘話も動画内で語られた

 本動画には、この「パチスロ頭文字D」の効果音のために実際にサーキットで実車を走らせて録音したシーンや(あの「キンコン音」をこうやって収録していたとは…)、原作屈指の名場面である碓氷峠のハチロク対シルエイティ(原作単行本第6巻、現在刊行中の新装版では第3巻に収録)をパチスロ台でフューチャーした動画などが楽しめる。

■新装版『頭文字D』第1~3巻、「泣けるあのシーン」など紹介記事はこちら

 ちなみに動画内でも紹介されている、「シルエイティ涙のスピンターン」は本企画担当も『頭文字D』作中イチオシの名場面です。はい。必見。

【画像ギャラリー】… あの名シーンがパチスロで甦る!! 感涙の場面をぜひホールで!!

関連記事

人気YouTuberえっちゃん『頭文字D』聖地巡礼して温泉入ってドライブ満喫

新旧ハチロク対決!?? ドリキン土屋のハチロクvs.新トヨタ86(中古)【ベスモ記事紹介】

【実写版峠バトル】新型スープラがBMW M2に挑む!!

【峠バトル】決勝を制したのは土屋AE86!!