出会いと別れ…拓海との恋模様が蘇る!! 『頭文字D』人物列伝19【茂木なつき 後編】


 1人の青年がクルマと出逢い、その魅力にとりつかれ、バトルを重ねながらドライバーとしても人間的にも成長していく姿を綴った『頭文字D』は、日本のみなならず、アジア各国でも賞賛を浴びた、クルママンガの金字塔である。

 当企画は、同作において重要な役割を果たしたさまざまなキャラクターにスポットを当てるというもので、ストーリー解説付き、ネタバレありで紹介していく。

 今回は、かつてこのコーナーでも紹介した人物を再度クローズアップする。同作前半のヒロイン的存在で、戦う男たちに隠れた人気キャラクターでもある茂木なつきだ。前回紹介した恋愛初期のエピソードに続く、再会、熱愛、そして拓海との別れまでを考察していきたい。

文/安藤修也 マンガ/しげの秀一

【画像ギャラリー】なつきが助手席に乗ったスプリンタートレノを見る


■茂木なつきはどんな人物?

 しつけや学習などで、その人の身なりや立ち居振る舞いはある程度よくすることができる。しかし、やはり“顔が可愛い”というのは天賦の才能のひとつだろう。もちろんそれがあらゆる人の好みを網羅しているはずはないが、どういうわけか、茂木なつきはあらゆる人からモテる。

■Vol.172「模索」を1話丸ごと読む!

 作中で描かれているように、同年代の若者たちはもちろん、父親世代もなつきに惹かれる。それもそのはず、18歳にしてすでに完成されたかのような容姿で、大きくて端麗な瞳に、ぷっくりとした豊かで麗しい唇、艶やかでたおやかな肢体はミニスカートで魅力を増している(物語が進むと、セーラー服姿に加え、水着姿やガソリンスタンドの制服姿も披露した)。

 さらにヌードまで見せたこのヒロインのゴージャスでソフィスティケートされたビジュアルは、今もファンの心の奥底に残り続けていることだろう。

 そして、そんな彼女の前に現れたのが、拓海だった。高校1年の頃、当時なつきと付き合っていた御木先輩を殴ってサッカー部を退部した藤原拓海だが、それは、なつきのためだったと後で聞いて気になる存在に。好意を抱き続け、3年になった頃に(なつきのほうから)やっとお近づきになれたというわけだ。

 そしてその間、彼女のオヤジ殺しの才能も開花する。父親世代の男に身体を許して金をもらう関係を築いていたのだ。やはりそのポテンシャルはずば抜けていたのだろう。この男、高額所得者らしき設定とはいえ、なつきに月に30万円渡していたといのだから驚きだ。筆者はそのあたりの相場について詳しくないが、大卒の初任給以上というのはちょっとあげすぎじゃないだろうか。いや、この物語ではそのナンセンスさを楽しめばいいのだが(笑)。

■常に自分からアクションを起こす積極性

 なつきと拓海の関係については、当連載(【茂木なつき 前編】)で馴れ初めを中心に紹介したが、その後、蜜月となる夏(【藤原拓海 後編】など)を経て、衝撃の展開を迎える。ある日、拓海の自宅に匿名の電話がかかってきて、「あの女は中年男とセックスしてお金もらってるよ」と告げるのであった。

 その後もリークを受け、ついにホテルの前で張る拓海。すると駐車場から出てきたメルセデスに出くわし、助手席ウインドウになつきの顔を見る。ほとばしる拓海の怒り。それはヤケクソで須藤京一にバトルを挑み、ハチロクのエンジンを壊すほど(←さまざまな要因はあるにせよ)の怒りだった。

 以後、なつきは拓海から距離を置かれることになる。しかもはっきり「ベンツの彼氏と仲良くやれよ」と言われて……。

 なつき本人が援交だと認識してない以上(当時は本当にそうだった)、ここまでの彼女の行動について正否を論争しても仕方がないのだが、もし自分の彼女(まだキスしただけでハッキリ宣言してないけれども)が他の男とホテルから出てきたら、そりゃ18歳の男子である拓海には受け止めきれないことだろう。どれだけなつきに惹かれていたとしても、支え切れるはずがない。

 しかし、時間のパワーというのはすごいもので、秋を隔てて冬になったある日、意を決したなつきが拓海をドライブに誘う(彼女は乗せてもらう立場だが)。そしてハチロクの車内で、「ベンツの人とは別れた」と告げるのだ。結果的には友人として仲直りすることになり、さらになつきは拓海が働くガソリンスタンドで一緒にアルバイトを始める。

 徐々に2人の間にしこりはなくなっていき、クリスマスに。「子どものころからクリスマスに特別なことしたことないよ…オレン家、母親いないし…」という拓海の発言を受け、サプライズで藤原家へ乗り込んだなつき。そこで、拓海の父親(文太)とも仲良くできるあたりが彼女の素晴らしさでもあり、その無邪気な可愛らしさが忌憚なく綴られていて微笑ましい。

次ページは : ■それぞれが将来のために下した決断