名脇役で拓海の兄貴分!! 『頭文字D』人物列伝04【池谷浩一郎 編】


 1人の青年がクルマと出逢い、その魅力にとりつかれ、バトルを重ねながら、ドライバーとしても人間的にも成長していく姿を綴った『頭文字D』は、日本中のみなならず、アジア各国でも賞賛を浴びた、クルママンガの金字塔である。

 当企画では、同作において重要な役割を果たし、主人公・藤原拓海にさまざまな影響を与えたキャラクターにスポットを当てるというもので、ストーリー解説付き、ネタバレありで紹介していく。

 今回は、主人公・藤原拓海を峠バトルのステージに引き込んだ人物にして、物語前半の名バイプレーヤーとして登場した池谷浩一郎を取り上げていこう。

文/安藤修也 マンガ/しげの秀一

【画像ギャラリー】池谷浩一郎の愛車・S13型シルビアを見る


■池谷浩一郎はどんな人物?

 主人公である藤原拓海が所属する「秋名スピードスターズ」のリーダーであり、拓海やイツキから慕われる兄貴分的な存在。

「秋名スピードスターズ」は、秋名山をホームとする走り屋集団で「秋名山最速」を自称しており、池谷は親友の健ニとともにチームを発足・運営している。愛車はライトチューンが施されたS13型シルビアである。

 職業はガソリンスタンドの店員で、21歳の若さながら、店長の立花から信頼されている様子もうかがえる。作中では、拓海と出会い、走りの道へ誘うと同時に、拓海の成長を見守っていくことになるが、そのドライビングテクニックは、天才である拓海とは比較にならないほど“普通”レベルであり、物語のスタートから後塵を排している格好でもある。

 ちなみに、初めて拓海が運転するハチロクの助手席に乗せてもらった際は3つめのコーナーで失神してしている(笑)。

 池谷の性格、印象といえば、真面目で人格者。ただしクルマに関してはアツいものを持っていて、「地元の意地がある」と赤城レッドサンズの挑戦を真っ向から受けたり、拓海の父である文太に師事を乞うなどしている。自身のミスからクラッシュするなど、はっきり言って実力不足ではあるが、心意気は実に清々しいクルマ好きな若者である。

■ナイーヴな男の恋愛模様

 ガソリンスタンドの店員というだけあって、池谷はクルマのメカニズムに詳しく、拓海にアドバイスをすることもあった。そして、このメカに強いという素養が、ひとつの出会いにつながることになる。故障したクルマを修復することで、佐藤真子から見染められることになるのだ。

 ただし、ことカーライフに関しては人生を謳歌している池谷だが、恋愛に関する部分では非常にナイーヴな青年である。佐藤真子は、恋愛偏差値の低い池谷ならずとも、男子なら誰もが恋心を抱いてしまうような天下無双の美人。釜飯屋の看板の下で、彼女の煌めくようにキュートなルックスを目に焼き付けた池谷は、出会いから発展、そして自爆をしていくことになる。

 真子とのドライブデートでは、「運転がうまそう」、「安全運転」などと言われ、男として自信を高める池谷。その先の期待とは裏腹に、真子が碓氷峠最速と言われるシルエイティのドライバーだと知りショックを受ける。さらに真子から、走り屋をやめる前にハチロクとバトルをしたい、一方で池谷にバージンを捧げたいと告げられ、いっそう深く悩むことになる。

 無精ヒゲが見られる老け顔とはいえ、池谷も21歳の青年である。ありあまるリビドーと拓海を含む仲間たちへの誠実さとのはざまで葛藤しながら、物語はハチロクとシルエイティとのバトルへ繋がっていく。

 拓海に敗退した真子は、走り屋引退を決意するとともに、水着のグラフィックがゴキゲンに装飾してくれているプールのシーンで、改めて池谷にバージンをもらって欲しいと、その晩の待ち合わせの約束をする。

 人生最高の時を迎えようという喜びの一方、漠然と登場した(真子の憧れであった)高橋涼介という存在への不安、そして21年間彼女なしだった経験のなさからくる鬱屈とした感情は、池谷に逃げの姿勢を生み出してしまう。彼は彼女への気持ちを謳歌するのではなく、自分への自信のなさから、群馬へ敗走してしまうのだった。

次ページは : ■クルマ好き青年の現実を素描