拓海の大親友にして愛車はハチゴー!?『頭文字D』人物列伝07【武内樹 編】


 1人の青年がクルマと出逢い、その魅力にとりつかれ、バトルを重ねながら、ドライバーとしても人間的にも成長していく姿を綴った『頭文字D』は、日本中のみなならず、アジア各国でも賞賛を浴びた、クルママンガの金字塔である。

 当企画では、同作において重要な役割を果たし、主人公・藤原拓海にさまざまな影響を与えたキャラクターにスポットを当てるというもので、ストーリー解説付き、ネタバレありで紹介していく。

 今回取り上げるのは、主人公・藤原拓海の相棒、武内樹。「イツキ」と呼ばれ、拓海とともに学生生活を満喫しながら、人間として成長してゆく物語前半のキーマンでもある。

文/安藤修也 マンガ/しげの秀一

【画像ギャラリー】武内樹の愛車・カローラレビンを見る


■武内 樹はどんな人物?

 『頭文字D』開始当初は、群馬県在住の高校生。作中では、高校卒業後に学生時代からアルバイトしていたガソリンスタンドで社員になるというエピソードも描かれている。藤原拓海とは幼馴染にして大親友。性格は拓海と正反対で、明るくお調子者だ。

 育った土地も影響したのか、大のクルマ好きで、走り屋に強い憧れを抱いている。そして、父親のクルマ(トレノ)に乗る拓海を差し置いて、先に自分のクルマを購入することになる。

 いよいよ購入した愛車は、トヨタのカローラレビン。拓海が乗るスプリンタートレノと同じAE86型……と言いたいところだが、イツキは「ハチロク」と間違って「ハチゴー」を購入してしまう。

 それもそのはず、AE85はローパフォーマンスモデルながら、AE86とは外観にほとんど差異がなく、中古車販売店がしっかり表記していなければ、間違えたりすることもあり得たのだ(書類確認時に気付きそうな話ではあるが……)。

 購入後は、拓海がハチゴーを運転して峠で速く走ってみせたことから、ハチゴーを愛していくと決意し、ターボ装着などその後のチューニングを計画するなど、いかにもクルマ好きらしい一面を見せる。

 このようにおっちょこちょいなところも、失敗してもすぐに立ち直って前向きになれるところも、どちらもイツキらしさであり、彼の人の良さ表すエピソードである。

■ありそうでなかった深夜の恋愛模様

 拓海と比べてしまうと、女子人気はさほど高くなさそうだが、タラコ唇と刈り上げヘアーが特徴的で、もうすこし大人になり男らしさが身に付けば、女性から「セクシー」という評価も得られるかもしれないルックスだ(異論は認める)。ただ、物語終盤ではこのファンキーな刈り上げをやめてしまい、普通の髪型に。池谷や健二などと並んでいても、遠目ではイツキだとわかりづらくなってしまい、イツキファンにとってはちょっと残念なことである。

 このように物語の盛り上げ役にして愛されキャラでもあるイツキが、初めての恋模様を繰り広げるエピソードがある。イツキが付き合う寸前までいったその相手は、ひとつ年上で、地元の埼玉から群馬まで期間限定のアルバイトとして親戚の旅館を手伝いに来ていた秋山和美。化粧やファッションなどを見るかぎりあまり飾り気はないが、気の強そうな美少女である。

 和美の兄は埼玉でも知られた走り屋の秋山渉。イツキは自分と同じカローラレビン(といってもAE86だが)に乗る渉に憧れ、より和美との結びつきを感じることに。そして、紆余曲折を経て、拓海と秋山渉がバトルした際、その見届け人として、埼玉県T市の寂れた駅前に2人だけでとり残される事になった。

「高校生の恋愛」なんてこれまでさまざまなマンガで山のように描かれてきた題材だが、真夜中の暗い駅前でカーバトルの解説や(妄想)実況を交えながら、繰り広げられるラブエピソードはこれだけだったんじゃなかろうか。

次ページは : ■『頭文字D』の世界観を深める存在

シリーズ最新刊

MFゴースト9巻

コミックDAYSで試し読み コミックプラスで買う