『頭文字D』伝説のクルママンガ 名勝負列伝01 AE86対RX-7(FD3S)編


 1995年から2013年までの18年間、クルマファンを熱狂させ、国産スポーツカーの過去と未来を紡いだマンガ『頭文字D』。そのベストバウト、つまり名勝負を厳選して振り返るのが本稿だ。

 今回は、同作品において最初のバトルとなった、ハチロク対RX-7を紹介する(第1巻 第3話「究極のとうふ屋ドリフト」より)。
文:安藤修也 作品:『頭文字D』しげの秀一著より


【名勝負 登場車種】

■先行:マツダ・RX-7(FD3S型)
→ドライバーは高橋啓介。赤城最速と称される高橋兄弟の弟にして、有名チーム「赤城レッドサンズ」のナンバー2。話し口調からして、ちょっとケンカっぱやそうなところが感じの、コワモテ系男子である。

■追走:トヨタ・スプリンタートレノ(AE86型)
→作中で「ハチロク」は、主人公・藤原拓海がアルバイトしているガソリンスタンドの店長が「秋名の下り最速」と言っていた、とうふ屋のクルマのことだが、この時点ではドライバーが誰か不明である。

【バトルまでのあらすじ】

 群馬県の秋名山は、地元の走り屋のメッカ。ある日、“秋名最速”を自称する秋名スピードスターズに対し、近隣の赤城山からきた赤城レッドサンズが1週間後のバトルを申し込む。早速、練習走行を開始したレッドサンズの速さを見て、戦意喪失した秋名スピードスターズのメンバーは早々に山を下りてしまう。

 いっぽうレッドサンズでナンバー2の実力を持つ高橋啓介は、愛車のRX-7で夜中の4時まで走り込んだ。そして引き上げようとして最後に下りを攻めていると、後方から追い上げて来るクルマが……。

次ページは : 【バトル考察】