【トヨタ2000GT、スカイライン…】最後の昭和ランキング クーペ&オープン編

■コンパーノスパイダーが2位、べレットが3位。これらを上位にした理由は?

(TEXT/石川真禧照)

「おいっ、ボウズ、乗るか?」。学校の帰り、駅から家に歩いて帰る途中、ボクは突然、呼びとめられた。

 声の主は近所でも評判の不良。以前はバイクで飛ばしていたのだけれど、その彼がクルマを買ったようだ。以前から顔は知っていたけれど、親しく話したことはなかった。

 その彼が、ボクを呼びとめたのだ。しかも、乗っていけよと言われたクルマが、新車のコンパーノスパイダーだった。その走りとか、クルマの中での会話は覚えていない。それどころかホロが開いていたかも覚えていない(たぶんオープンだった?)。

ダイハツ コンパーノスパイダー
ダイハツ コンパーノスパイダー

 でも、コンパーノスパイダーに乗せてもらったことだけは、凄くよく覚えている。当時、ボクの家にもクルマはあったが、RS40系のクラウン。スポーツカーに乗せてもらった鮮烈さで2位にした。

 ベレットGT、というか“ベレG”は、そのブリティッシュなスタイリングが、まず好きだった。GTRはのちにDOHCエンジンを搭載して、レースに出場。大先輩の浅岡重輝氏のドライビングがカッコよかった。

 この時の印象が忘れられなくて、同じ系統のエンジンを搭載したジェミニZZを購入したほどに、べレットGTRは好きだった。

いすずのべレットGTR
いすずのべレットGTR

◎ベストカーwebの『LINE@』がはじまりました!
(タッチ・クリックすると、スマホの方はLINEアプリが開きます)


シリーズ最新刊

MFゴースト9巻

コミックDAYSで試し読み コミックプラスで買う