『頭文字D』を彩った伝説の名車列伝08 スバル インプレッサWRX STI 編

■インプレッサWRXでお腹いっぱいに

 そんなインプレッサWRXが登場するのは、作中でも非常に特殊で、あっという間に終わってしまう、風のようなバトルである。

 早朝、ルーティンの配達で秋名山を走るハチロク。すると後方から突如出現するインプレッサWRX。あっという間にハチロクの後方に忍び寄ったかと思うと、「ドフッ」という豪快な効果音とともに姿を現し、気づいた拓海をして「速い…!!」と言わしめる。

 フィニッシュまでの間に、抜きつ抜かれつがひたすら続くような展開はない。しかし、短いにもかかわらず、かなりのスピード感がある。

 その要因は、最後までインプレッサ側の乗員が判明せず、描かれるのが日頃は無口な拓海の声(心情)のみというセリフの少なさにもある。情報が少なく、要素の詰め込みがないだけに、余計なことを考えずに展開を追える。ただシンプルに、フツーに、勝ち目のない戦いに身を投じてゆくことになる拓実の表情を見ていくことになる。

 もちろん、インプレッサWRXの勇姿は登場した瞬間からしっかりと描かれている。ハチロクの後方に張り付いたように走る間も、懇切丁寧にあらゆる角度から描かれており、インプレッサファンなら眺めているだけで終始ニヤニヤさせられる。

 そして、ハチロクを追い抜くシーンでは、拓海の得意技である“ミゾ落とし”を豪快に炸裂させるのだ。ファンならずとも、もうこれだけで充分お腹いっぱいになる。

 「拓海、諦めるの早すぎだろ!」などと野暮なことを言ってはいけない。前のバトルでプロのレーサーにも勝った拓海が、「ブレーキングでつめられない」と、こぼしているほどだ。いったいどう攻略すればいいというのか。ドント・シンク・フィールなバトル。たまにはこういうバトルがあって良いなと素直に思える。

■速さと強さとイージーさ

 圧倒的な速さ。日頃、4WDセダンのスタイリングに嫌悪感を抱く人も、作中で描かれるインプレッサWRXの、まるで男性ホルモンを撒き散らかすように走る姿には、胸を鷲掴みにされてしまう。何度か読み返せば、この完全な強さの虜になっている。

 そして、それはこの車両に誰が乗っているかという疑問につながり。のちに(数ページ先の話だが)それを知り、納得して、つい頬が緩んでしまうのだった。

 連載当時はモデルチェンジしたばかりで先代モデルになっていたとはいえ、4WDにハイパワーターボを組み合わせたラリー車ベースのモデルである。いくら天才ドライバーの拓海が運転していようと、相手が主人公だろうと、そういった次元で優劣が変わるものではない。

 実際、当時の市販車においても、インプレッサとランエボの走行性能は、他のスポーツモデルより頭ひとつ抜けていた。

 さらに、バトル中に1コマだけ描かれるインプレッサWRXのドライバーの口元は微笑んでいる。つまり余裕があったということで、ここから、イージーに速く走れるのがインプレッサWRXの良さでもあるよなと再認識させられる。

 ハイパフォーマンスに加えて、懐の広さまで持つこのようなクルマを、スバルは毎年のようにクオリティとボリュームを拡大し続けていたのだから、まったく感服である。

■1話丸ごと掲載(Vol.258「悪夢のマシン<前編>」)

■掲載巻と最新刊情報

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

シリーズ最新刊

MFゴースト9巻

コミックDAYSで試し読み コミックプラスで買う