美女なのに三度の飯より車好き!? 『頭文字D』人物列伝03【佐藤真子 編】


 1人の青年がクルマと出逢い、その魅力にとりつかれ、バトルを重ねながら、ドライバーとしても人間的にも成長していく姿を綴った『頭文字D』は、日本中のみなならず、アジア各国でも賞賛を浴びた、クルママンガの金字塔である。

 当企画では、同作において重要な役割を果たし、主人公・藤原拓海にさまざまな影響を与えたキャラクターにスポットを当てるというもので、ストーリー解説付き、ネタバレありで紹介していく。

 今回は、主人公・藤原拓海のライバルとしてシルエイティを操りながら、先輩・池谷とラブストーリーを繰り広げる美女、佐藤真子について解説していこう。

文/安藤修也 マンガ/しげの秀一

【画像ギャラリー】佐藤真子の愛車・シルエイティの元になったS13型シルビアと180SXを見る


■佐藤真子はどんな人物?

 佐藤真子は、物語序盤に登場する女性で、作中でもかなり高い人気を誇るキャラクターだ。碓氷峠をホームとする走り屋で、年齢は20歳。群馬でもトップクラスのドライビングテクニックの持ち主で、クルマのメカニズムにはあまり詳しくないが、親友の沙雪がナビ(コ・ドライバー)として助手席に座ることで、真の実力を発揮する。

 ルックスは、長い髪と大きな瞳が特徴で、長身スレンダーのいわゆる「キレイなおねえさん」タイプ。大人っぽくてエロいタイプの沙雪とともに、峠で注目を集めないはずはないと思うが、その美貌よりドライビングテクニックで名をよく知られているようだ。

 この「美女なのに三度のメシよりクルマ好き」というキャラクターが、前回紹介した茂木なつきのようなオーディナリーな女子とは異なる設定で、当時のクルマ好き読者たちを魅了した。

 作中では、その身のこなし、視線、そして脚線美などが強調されており、ストーリーに華やかな空気感を添えてくれる。特に、横川の釜飯屋における池谷との出会いのシーンなどはその典型であり、ここまでおっとりした性格かと思われていた彼女が、自分から池谷に電話番号のメモを渡す積極性には驚かされると同時に、(読者と)池谷の、真子への恋心が芽生える瞬間でもある。

■拓海とのバトルと池谷との恋に挑む

 この後、21年間彼女のいなかった池谷と、同じく20歳まで彼氏のいなかった真子との純なラブストーリーが始まる。

 東京でもなく、世界の中心で愛を叫んだりもしない、スレてない2人のやりとりは、筆者のような濁った中年の目から見ると、なんとももどかしい。しかし、拓海となつきのかぐわしくも濃厚なメロドラマと違い、こちらはプラトニックだが、なんとも心温まる物語なのだ。

 走りはじめてわずか2年で碓氷峠の頂点に立った今、これからは走り屋を引退して、恋愛をしたいという願いを抱いている真子。そして、真子がシルエイティのドライバーと知り、尻込みしてしまう池谷。恋が壁につき当たるのと同時進行で、初のアウェイ戦となる拓海と、地元最強の真子とのバトルがスタートする。

 バトルの詳細は「名車列伝01・シルエイティ編」に譲るが、最終的に、真子は自らの限界を超えてスピン、敗北を喫する。主人公である拓海のライバルとしてはライト級であったが、バトルに付随する彼女と沙雪のエモーショナルな会話とビジュアルのせいで、男ならつい夢中になって読みいってしまう、鮮烈な印象と多幸感の満ち溢れたバトルであった。

次ページは : ■読者の気持ちを投影させる魅力

シリーズ最新刊

MFゴースト9巻

コミックDAYSで試し読み コミックプラスで買う