レクサスの旗艦ハイブリッドスポーツがMFG最速に挑む! 『MFゴースト』を彩る名車列伝17 レクサス LC500編


 伝説のクルママンガ『頭文字D』の意思を現代に受け継ぐ次世代のクルママンガ、『MFゴースト』。2017年の連載開始時から圧倒的な読者人気を獲得しており、2022年9月6日発売の最新刊(15巻)時点で、単行本累計発行部数370万部を突破している。

 同作品に登場したクルマたちの世界観と魅力を読み解いていく本連載。今回は、日本が誇るプレミアムブランド「レクサス」のラグジュアリークーペを取り上げる。日本独自のスーパースポーツは海外のプレミアムスポーツ軍団に対抗し得るのか?

文/安藤修也
マンガ/しげの秀一

【画像 ギャラリー】名車の実車を写真で見る!レクサス LC500編(7枚)画像ギャラリー

■日本らしさが詰まった独創的デザインのフラッグシップクーペ

 トヨタが日本経済を引っ張る世界的自動車メーカーだということは、日本人なら誰もが知るところ。そして、そのトヨタが海外での競争力を高めるために生み出したプレミアムブランドが「レクサス」である。2005年からはグローバルでの販売に加えて、日本でもブランド展開を開始すると、徐々に人気を高めていき、今や世界トップレベルの高い品質と評価を獲得している。

 昨今はセダンタイプのGSが生産終了となるなど、SUVモデルが売れ筋となっているが(ほかのメーカーも同様)、セダンやクーペといったそれ以外のモデルも、”おもてなし”の精神で造りこまれたモデルばかりで、品質に手抜かりはない。なかでもLCというモデルは、2017年に同ブランドのラグジュアリークーペとしてデビューした比較的新しいモデルである。

レクサスLC500/全長4770×全幅1920×全高1345mm、パワーユニット:5.0L V型8気筒エンジン、最高出力:477ps/7100rpm、最大トルク:540Nm/4800rpm

 車名の意味は「Luxury Coupe(ラグジュアリー・クーペ)」であり、「Lexus Challenge(レクサス・チャレンジ)」という意味もあるという。ボディラインは非常に凝った造りをしていて、ウエスト部などの抑揚はダイナミックでありながら、Cピラーには日本刀をモチーフにしたテイストが用いられるなど、日本車らしい独創的な未来感が演出されている。

 インテリアも同様に、助手席両側に備えられたハンドル部など、高級素材を用いながらも独特な形状をしている。どこかスポーティでありながらも、レクサスらしい”おもてなし”を体現していて、プレミアムブランドらしい雰囲気を味わえる。

■主張するのは速さより気持ちよさ

 パワーユニットは、5.0L V型8気筒エンジンと、3.5L V6エンジンに電気モーターを加えたハイブリッドを設定(LC500h)。V型8気筒エンジンは477psを発揮。ターボが付かないのは現在の世界の趨勢からすると異端だが、やはり自然吸気エンジンは気持ちよく回り、その滑らかな変速は10速ATが担っている。ハイブリッドはレクサスらしいエコ仕様ながら、スポーツモードを選択することで、まるで電気ターボのような風味の加速感が味わえる。

 V8のLC500に乗ると、なんといってもエンジンの気持ちよさが一番に感じられる。足まわりやハンドリングも、ドイツ御三家のプレミアムスポーツカーに勝るとも劣らないスポーティながらエレガントな乗り味となっている。そして、加速時にエンジン音を車内へ引き込み、迫力ある音を奏でる「サウンドジェネレータ」を搭載。一部ではフェラーリ以上とも言われる、凄まじく心地よいスポーティサウンドが、ドライバーの気持ちを高揚させてくれる。

 誌面に初登場したのは、MFGラウンド1「小田原パイクスピーク」の予選結果が表示されたシーン。文字面のみで、11位にドライバー名「E.ハンニネン」、車名「レクサス」と記載されている。つまり予選での走行シーンは取り上げられていない。さらに決勝レースのスタート後も、ポルシェ対決のトップ争いや、中団のフェラーリ対ランボルギーニ、後方のトヨタ 86対ロータス&アルファロメオなどが頻繁に登場し、レクサスLCはなかなか姿を表さない。

 途中、前方を走る1台のBMWがリタイアしたことで順位をひとつ上げながらも、レクサスLCは淡々と走り続けている。そしてレース終盤、ヤジキタ兄妹(ロータス&アルファロメオ)とのバトルに決着をつけた夏向の操るトヨタ 86がレクサスLCをその射程に捕えた時、はじめてLCはその姿を表すのだった。

 実際に2台が初接触したのは、デスエリアと呼ばれるガスと霧が漂う地帯。ここで86は、視界不良をものともしない走りで、一瞬のうちにレクサスLCのインをとる! ハンニネンが思わず「クレイジー!! ボーイ……」と叫んだものの、イン側の木立に車体を当てながら86はギリギリのコースどりでLCの横を電光石火のオーバーテイク……。

次ページは : ■優れたドライバーの腕をもってしても続く予選落ち