『頭文字D』の名車は今でも買えるのか!?  藤原拓海のAE86編

 今年で半世紀を生きてきた筆者が中古車情報誌とチューニング雑誌をバイブルとして読んでいた高校生だった。

 その当時、カローラレビン/スプリンタートレノの駆動方式がFRからFFへ変わるということを同じクルマ好きの友人から聞いたときは衝撃だった。

 もちろん、まだ免許証も持っておらず、乗ったことがないので走りがどう変わるのかということはまったく知らないわけだが、自動車雑誌がその悲報を伝え続けたのを現在でも記憶している。

 最後のFR車となったカローラレビン/スプリンタートレノといえば、言わずと知れたAE86だ。

 1983年~1987年まで生産されたAE86のレビン/トレノは、フルモデルチェンジし、駆動方式がFFとなったAE92が販売されてからも、絶大な人気を誇り、AE86のみを行う中古車販売店がオープンするほどブームとなったのだ。

 AE86レビン/トレノが人気となったのは、ドリキンこと土屋圭市氏さんの愛車であったこと。そして、AE86レビン/トレノの人気を盤石のものとし、神格化させた漫画「頭文字D(イニシャルD)」の力によるものだろう。

 そこで本稿では、「頭文字Dに登場する伝説の名車は今でも中古車で手に入れることができるのか」を紹介。

 まずは主人公、藤原拓海の愛車AE86 スプリンタートレノだ。

文:萩原文博、写真:トヨタ

【画像ギャラリー】最新漫画「MFゴースト」主人公 カナタが駆る現代のトヨタ86


AE86が愛される3つの理由とは?

 仕事でよくご一緒する土屋圭市さんにAE86の魅力を聞いてみると「まずは後輪駆動車であること、車両重量が軽いこと。そしてアフターパーツが充実していること」と話してくれる。

 よく考えてみれば、AE86レビン/トレノは、1983年~1987年に生産された昭和のクルマで、もう生産終了から約33年も経過している。

 当然オリジナルコンディションの中古車などほとんどないし、そのようなクルマはとても手が出ない価格となるはずだ。そんなネオクラシックカーと呼べるAE86レビン/トレノが令和となっても生き残っているのは、アフターパーツが充実しているからに他ならない。

トヨタ2000GT(1967年~1970年)

 最近はスープラや2000GTのオリジナルパーツが再販されて話題となったが、AE86レビン/トレノはチューニングショップからたくさんのパーツが販売されている。

復刻されたトヨタ2000GTのトランスミッションのパーツ(奥 : ギヤ/手前 : シンクロハブ・スリーブ)

 そのパーツも30年分の知恵とマテリアルの進化によって30年以上前のクルマをより壊れにくく、乗りやすくそして速くしてくれるのだ。

 一般的にスポーツカーの中古車はノーマル車を狙えというのが常識だ。それはチューニングカーが前オーナーの好みに仕立てられているため、自分にマッチするかどうかは未知数だからだ。

写真はAE86型カローラレビンの3ドア。ヘッドライトはトレノと異なる固定式

 しかし、AE86レビン/トレノの中古車はほとんどがチューニングカーとなっているため、どこのメーカーのどんなパーツが装着されているのかを確認するのが必要だ。

 自分が装着したいと考えているパーツならば、それはお得とポジティブに考えたい。そのように考えられないとAE86レビン/トレノの中古車にはなかなか手を出せない。

 AE92にモデルチェンジした後AE86の中古車の人気は圧倒的にレビンでしかも2ドア。そしてレビンの3ドアハッチバック、トレノの2ドアとなり最も人気がなかったのが3ドアハッチバックのトレノだった。

頭文字D主人公 藤原拓海の後ろにあるのが、AE86スプリンタートレノである

 しかし、その様相が一転したのが、頭文字Dの連載開始だ。主人公の愛車が白黒の3ドアトレノとなると、瞬く間に人気が急上昇。レビンとの人気が逆転してしまったのだ。

AE86トレノの中古車市場はいかに?

1986年1月に限定400台にて発売したスプリンタートレノ 特別仕様車 GT APEX“ブラックリミテッド”

 2020年8月時点で、AE86スプリンタートレノの3ドアハッチバック車の中古車の流通台数は約14台。直前3カ月は約12~16台の間を推移。こうした中古車市場の状況は、下記の走行距離など含めて、基本的に2021年1月の現時点でもほぼ変わっていない。

 中古車の走行距離は約14万4000kmとなっているが、メーターを交換しているクルマもあるので、もうこの点は気にする必要はない。

 中古車の平均価格は、2020年5月の約237万円から現在は約288万円へとさらに上昇。価格帯は約150万~約420万円と幅広く、白黒ツートンの藤原拓海仕様のクルマが多くなっている。

 いっぽう、トレノ2ドアモデルの流通台数は約8台で、2020年5月の約12台から減少傾向。その影響で、平均価格は約178万円から約220万円へと3カ月の間で約40万円値上がりしている。

1983年に誕生したカローラレビンの2ドアモデル

 そして、AE86レビンの3ドアハッチバック車の中古車の流通台数は約20台で、平均価格は3カ月前の約235万円から現在は約220万円へと値落ちしている。中古車の価格帯は約139万~約400万円だ。

 そして、レビン2ドア車の中古車の流通台数は約27台と減少傾向ながら最も多く、平均価格は3カ月前の約189万円から現在は約206万円へと値上がりしている。

 中古車の価格帯は約138万~約445万円で最高価格のクルマは赤黒ツートンのフルノーマルワンオーナーという奇跡の物件だ。

「頭文字D」藤原拓海の愛車AE86特選中古車はこちら

まとめ

 AE86の中古車を見てみると、やはり頭文字Dの影響は絶大で、3ドアのトレノが高くなっている。

 一時は納屋物件と呼ばれる奇跡のフルノーマル車が出回ったAE86だったが、今後そのような物件は登場する可能性はほぼない。

 したがって、ある程度手が加えられた中古車を手に入れて、自分の好みに仕立てていくという楽しみ方がベストだろう。

 ちなみに土屋圭市氏の愛車であるAE86トレノは改造費に数千万と掛かっている。つまりAE86のチューニングは限界がないと言えるのだ。

 このようなクルマはほかにはなく、このことこそAE86が多くのクルマ好きを惹きつける魅力なのだ。

【画像ギャラリー】最新漫画「MFゴースト」主人公 カナタが駆る現代のトヨタ86