人気YouTuberえっちゃん『頭文字D』聖地巡礼して温泉入ってドライブ満喫

 キュートな笑顔と軽快なトークが人気のYoutuberえっちゃん(登録者数76万人)が、『頭文字D』の聖地である群馬県渋川市周辺をドライブ。その様子を収録した番組が好評を博している。本稿ではその動画を紹介します。

文/ベストカーWeb編集部 動画/えっちゃんねる

■ドライブガイドとしてもしっかり役立つ!

 冒頭に紹介しているとおり、人気Youtuberえっちゃんが伊香保温泉旅行に出かけたところ、「唐突に気が付いてしまった、ここは『頭文字D』の聖地だ」とのこと。まじか。楽しそう。

 えっちゃんが解説しているとおり、伊香保温泉がある群馬県渋川市は『頭文字D』の舞台のひとつであり、現在、市をあげて「アニメツーリズム」を推進中。市内に『頭文字D』のカラーデザインマンホールを設置し、全7ヶ所を巡るデジタルスタンプラリーアプリ「舞台めぐり」を実施したり、作品とコラボしたラッピングバスが市内を運行している(2021年7月31日(土)まで)。

群馬の名門ショップ「D`sガレージ」では「頭文字Dプリン」を購入。食感は「お豆腐みたい」とのこと。な、なるほど

 そんなわけで、概要を述べるよりも動画を見ていただくのが早いとは思うのだけど、コラボマンホールを訪れるのにいきなり「高橋兄弟が温泉につかっているバージョン」に向かうあたり、さすが人気Youtuberはわかっているな…と勉強になりました(おそらくぶっちぎりで一番人気スポット)。

 また5連続ヘアピンではしっかり「溝落とし」に思いを馳せるなど、聖地巡礼の王道を味わっております。

『頭文字D』ファンなら一度は走ってみたい、群馬の道。そしてできれば「ここで拓海が…」などと呟きたい

 動画では榛名湖に訪れ、地ビールを楽しみ、温泉につかって疲れを癒し、地元の有名ショップに立ち寄って、プリンを食べ、博物館を回るという、王道観光コースを堪能。思わず行程をメモりつつ、これ、ドライブ巡りとして充分楽しめるコースだなあ…と実感しました。