再登場は珍しい!? Zを操る愛されキャラ『頭文字D』人物列伝13【池田竜次編】


 1人の青年がクルマと出逢い、その魅力にとりつかれ、バトルを重ねながらドライバーとしても人間的にも成長していく姿を綴った『頭文字D』は、日本のみなならず、アジア各国でも賞賛を浴びた、クルママンガの金字塔である。

 当企画は、同作において重要な役割を果たし、主人公・藤原拓海にさまざまな影響を与えたキャラクターにスポットを当てるというもので、ストーリー解説付き、ネタバレありで紹介していく。

 今回は、主人公である藤原拓海とは直接対決しない人物で、しかも敵キャラでありながら、かなりのキャラクター濃度を誇る坊さんドライバー、池田竜次を紹介したい。

文/安藤修也、マンガ/しげの秀一

【画像ギャラリー】池田竜次の愛車フェアレディZ( Z33型)を見る


■池田竜次はどんな人物?

 ここまで12回、この連載が続いてきたなかで、今回の人選に「ん?」と思う方もいるかもしれない。しかし、クルマ好きでありながら大のマンガ好きでもある筆者としては、この人物は絶対に外せなかった。

 まずルックスからして強烈だ。坊主頭(スキンヘッドではない)で、若干ほうれい線が目立つ。セリフもいちいち説得力があって、パワーワードが多い。穏やかでミステリアスで、とにかく不思議な魅力に溢れた愛されキャラなのだ。

■Vol.556「無の心(中編)」を1話丸ごと読む!

 立場としては、神奈川のチーム・スパイラル・ゼロを率いるリーダー。実家は寺であり、かなりの資金力があるとギャラリーには語られている。作中で高橋涼介のことを「高橋涼介くん」と目上な感じで呼ぶことから、年齢もそれなりに重ねているようだ。もちろん仕事もしっかりやっているのだろうが、若い頃からレース活動に励み、ドラテクにも才能が見られる。

 初めて登場したのは、プロジェクトDの神奈川遠征が始まる前、4陣営のリーダーたちが、先鋒となるチーム246の大宮智史の練習走行を眺めるシーンだ。池田は3番目に登場するチームということで、この時はまだセリフの口調もルックスも、後と比較すると少しゆるめで、なんだか高校球児っぽいフレッシュさがある。

 そして、神奈川2番手となるチームカタギリが敗北した後、箱根にある大観山駐車場にて、愛車の赤いフェアレディZ(Z33型)とともに再登場する。この時からほうれい線が目立ってくるのだが(笑)、このシーンもベストを着ていたり、両手の親指だけポケットに入れて立っていたりと、ちょっとヤングな雰囲気がある。

 なお、この時は相棒である奥山と語りあい、1人で山を降ろうとした際に、“死神”と呼ばれる壊し屋のR32スカイラインGT-Rに追いかけ回されるという災難に遭っている。

■率いるチームは「クルマ作りを重視」?

 池田は峠バトルについて、「イコールコンディションである必要はない。クルマのポテンシャルで相手をねじふせてやればいい……。軽量化をして太いタイヤをはいて馬力をあげて……圧倒的に速いクルマがあればいい」と端的に語っている。

 これには補足があって、「改造の方向性にこだわり、クルマそのものがドライバーに乗り方を限定して要求してくるような明確な意思を持ったクルマを作り……クルマとドライバーの一体感を高いレベルで実現していく」とチーム・スパイラル・ゼロの後輩である坂本が、チームの“クルマ作りを重視する”定義について語っている。

 率いるチームがこれだけ骨太な輪郭を持っているのだから、当然本人も走りに関して哲学を持っている。自身のHPでは、無(ゼロ)になることこそ、理想的なドライビングスタイルという「ゼロ理論」なるドライビング理論を公表しており、家が寺だからなのか、もともと理屈っぽい性格なのかはわからないが、とにかく生き方や走り方に対して、自我を持っていることは確かだ。

 まずはプラクティス初日、出会いの場面では、自己紹介するなり、いきなりプロジェクトDの面々に「走ることとは何だ!?」という禅問答のように問いかけてくる。さらに、バトル前には頭の中を空っぽにするために車内で瞑想。そしてこの後、バトルが終焉するまで、ひたすらその説法(?)が展開されることになる。

次ページは : ■再度登場することになる愛されキャラ