拓海と人気を二分!! 好対照なもう一人のエース!!! 『頭文字D』人物列伝21【高橋啓介 前編】


 1人の青年がクルマと出逢い、その魅力にとりつかれ、バトルを重ねながらドライバーとしても人間的にも成長していく姿を綴った『頭文字D』は、日本のみなならず、アジア各国でも賞賛を浴びた、クルママンガの金字塔である。

 当企画は、同作において重要な役割を果たしたさまざまなキャラクターにスポットを当てるというもので、ストーリー解説付き、ネタバレありで紹介していく。

 今回は、藤原拓海と人気を二分する高橋兄弟の弟、高橋啓介を取り上げたい。運転の才能はもちろん際立っているが、主人公である拓海とはまたひと味違った人間的魅力も光る、その人物像を探っていこう。

文/安藤修也 マンガ/しげの秀一

【画像ギャラリー】高橋啓介の愛車RX-7(FD3S型)を見る


■高橋啓介はどんな人物?

 高橋啓介は、とにかく名勝負の多い人である。というのも、「プロジェクトD」ダブルエースのひとりにしてヒルクライム担当であり、主人公である藤原拓海と同様、才能だけでなく不断の努力によってバトルを重ねながら成長していく姿が見られるからだ。

■Vol.394「ゴッドフットはオレが倒す」を1話丸ごと読む!

 そしてそれは、走りの腕だけでなく、ヤンチャな若者から思慮深い男へと、人間的にも深みを増していくことになる。

 物語開始当初は、赤城山をホームとする「赤城レッドサンズ」のナンバー2。リーダーでナンバー1、そして啓介の兄でもある高橋涼介とは正反対の性格で、言葉は悪いし、喧嘩口調で話す男だった。つまり感情優先で、その運転についても同様に、当初は才能だけで突っ走っている感じである。

 しかし、自分のすべてを賭けることができるクルマに出会ったことで、より速く走るため、兄や仲間に支えられながらいい方向へと変貌していく。このあたりは、天然ボケな藤原拓海より、よっぽどマンガの主人公らしいとも言えよう。

 近寄り難そうな性格の一方で、ルックスはかなりイケていて、女性からはモテる。当然、作中では(岩瀬恭子との)恋愛エピソードなども描かれている。目はかなり鋭く、鼻筋は通っており、高身長。開襟シャツなどを着れば、凛々しさが増し、艶っぽくさまであり、まるでモデルのようだ。短髪でツンと立たせた髪は、よく似合う茶色に染められている。

 口調からして元は悪かったろうと想像させるが、実際にヤンチャだったこと(暴走族に所属)が作中でも語られている。

■愛車RX-7も啓介らしい仕上がりに

 愛車はRX-7のFD3S型で、当初からチューニングされた形跡は見られたが、物語中盤、そして後半になるにあたり、装着されるパーツはアップデイトされていく。もともとFD3S型RX-7というクルマは、アフターパーツが多いモデルではあるが、「プロジェクトD」のプロ顔負けの知識と腕を持つメカニックと高橋兄弟らの協議によって装着されていたのだと考えられる。

 もちろん外見だけでなく中身も相当いじられていたはずだが、結果的に、ドライバーの高橋啓介のルックスとリンクした雰囲気の実に戦闘的で精悍な仕様に仕上がっている。

 プロジェクトDの茨城遠征においても、それまでの姿から一新。埋め込み式のヘッドライトや地面スレスレのエアロバンパー、吊り下げ型のリアウイングなどが採用され、まるでGTカーのような雰囲気へと変貌を遂げた。そしてこのルックスが啓介のFDにとって事実上の最終仕様となっている。

 この茨城遠征でのバトルの相手は、R34型GT-Rを駆る星野好造。「ゴッドフット」の異名を持つ中年で、言うまでもないが、ここまでの同作では自他ともに認める最強の相手であった。

 バトル前にはしっかり「高橋啓介です」と年上の人物に対して敬語を使っていることから、人としての成長が見えるということはさておき(笑)、さすがの啓介もこの神業のようなペダルワークを操るといわれるライバルを前に、すこし緊張が見え隠れしている。

 このバトルのコースは上りと下りの複合コースということで、いつものヒルクライムだけでなく、ダウンヒルのテクニックも試されることとなった。

次ページは : ■成長も闘争心も見せつけて勝つということ