またハチロクで熱くなろう!! 『頭文字D』25周年イベントで新型86のMFGコンセプト新披露


 86再人気の火付け役にもなった、走り屋マンガの金字塔、『頭文字D』(しげの秀一著)と、その世界観を受け継ぐ最新作として話題の近未来レーシングストーリー『MFゴースト』、両作品のトークショーが86/BRZのファンイベント「FUJI 86 style with BRZ」の中で開催された。

 しげの秀一氏の『バリバリ伝説』がバイブルというレーシングドライバーの織戸学選手と、講談社『ヤングマガジン』編集部所属『MFゴースト』担当編集者上井晴仁氏によるトークショーに加え、同イベントに実車が出品された「86MFGコンセプト2021」の詳細をお伝えしよう。

文・写真/大音安弘

■新旧86が活躍する人気コミックのトークショーを開催

 2021年6月6日(日)、富士スピードウェイのイベント会場にて、86/BRZファンイベント「FUJI 86 style with BRZ」が開催された。そのステージショーのひとつに、86ファンの胸を熱くする「頭文字D 25周年記念“MFゴースト”specialトークショー」が行われた。

メインステージにて、右から『MFゴースト』担当編集者の上井氏、織戸選手、司会。上井氏の手には『MFゴースト』最新11巻が握られていた。仕事熱心!

 織戸選手は、『頭文字D』が25周年になることに驚きつつ、「18歳だった拓海も、だいぶ大人になりましたね」と笑いを誘い、作品が今の20~30代のクルマ好きを生みだすきっかけにもなったことなどに触れた。織戸選手自身も、最近人生で5台目となるAE86を手にするなど、今も変わらない『頭文字D』への想いと影響の大きさについて語った。

 また『MFゴースト』担当編集の講談社上井さんよれば、『頭文字D』のコミックは、アジア圏だけでなく今では米国でも発売されており、連載開始から25年たった今も世界中でファンを増やしているという。まさに日本を代表する伝説のカーコミックなのだ。

 しげの作品の魅力について、織戸選手は、「『バリバリ伝説』の頃から、しげの先生が峠や走りなどのリアル描写を追求してきたこと」を挙げ、名勝負を生んだ秘儀「溝(側溝)落とし」も、織戸選手自身が実際に峠で使い、コーナリングスピードを高めていたことにも触れた。

会場には土屋圭市氏が所有するハチロク(スプリンタートレノ)も展示されており、大人気。ちなみに本企画担当、「側溝落としは、タイヤとボディフロア(いわゆる裏面)に隙間がある、旧車でないと成立しないテクニック」というところが好きです

 また『頭文字D』に登場する、危険なバトル「ガムテープデスマッチ」をサーキット企画での試してみて、大変危ない目にあったこと、拓海のドライビングセンスを鍛えるため、父・文太がやらせていた水の入った紙コップをドリンクホルダーに積んだ運転を試したことなどの懐かしい話題にも触れ、来場者と『頭文字D』の思い出に浸った。

■「世界観」を共有する物語

 そんなしげの秀一先生の最新作が現在『ヤングマガジン』に連載中の『MFゴースト』だ。

 2020年代の自動運転が普及した日本での、ガソリンエンジン車だけのレース「MFG」を舞台とした作品で、主人公のカナタと愛機トヨタ86の活躍を描いたもの。その共通点は、新旧のハチロクだけでなく、カナタは、あの『頭文字D』の主人公、藤原拓海の弟子という設定なのだ。

 熱いカーバトルが題材の物語だというだけでなく、その世界観も共有しており、『頭文字D』ファンも楽しめる要素が随所に盛り込まれている。

 また織戸選手は『MFゴースト』の舞台である箱根周辺は青春時代に走りまわった場所でもあるため、作品の節々のリアルな描写に驚かされ、だからこそ作品に引き込まれると、しげの作品の変わらぬ魅力についても触れた。

 トークショーでは、作中でも、新型となるGR86が将来的に登場することも明かされ、ヤングマガジンのプロジェクトとしてリアル『MFゴースト』の86を再現してきた「86MFGコンセプト」の第4弾となる「2022年モデル」のプロジェクトが決定。

 その開発には、織戸選手がプロジェクトアドバイザーとして携わるというから楽しみだ。

 現在『頭文字D』25周年を記念して、従来の2巻分を1巻とした新装版が発売中。この機会に改めて読み直してみるのも楽しいだろう。『MFゴースト』も、最新刊となる11巻が発売されている。

『頭文字D』二十五周年プロジェクトのひとつが、新装版の発売。全24巻が新たに発売された(最終24巻は2021年6月4日に発売されたばかり)

次ページは : ■最新仕様の「86MFGコンセプト」にも注目