ホンダが誇る最新「R」も登場!! 『MFゴースト』名車列伝02 シビックタイプR編

■日本のスーパーハッチバックが世界に挑む

 2017年に国内販売を開始したシビックタイプRは、5ドアハッチバックのボディが大型リアスポイラーをはじめとした派手めのエアロパーツで武装され、ターボエンジンを搭載。

 そのルックスに比例して、走りのパフォーマンスは凄まじく、ニュルブルクリンクの北コースで世界記録を更新し、“FF市販車世界最速”の称号を獲得している。また、歴代モデルではなんらかの形で販売台数が制限されていたものだが、このモデルはカタログモデルとして販売された。

 搭載される2.0L VTECターボエンジンのスペックは、最高出力320馬力、最大トルク400Nm。実際にアクセルをひと踏みすれば、身体がシートに貼り付けられるほどの加速を味わえるが、MFGに参戦する500馬力級のスーパースポーツたちを相手にするにはまだ不足。しかしこのクルマの一番の武器は鋭いレスポンスにあり、タイトでツイスティなコースではこの攻撃力が活きてくる。

 作中でシビックタイプRに搭乗するのは、前園和宏というヒゲ面&太眉の男性ホルモン多め(笑)な日本人男性だ。前述のように、欧州プレミアムモデルが上位を占めるMFGのなかで、パワーユニットのポテンシャル的には不利になりがちなホンダ車で、神フィフティーン(上位15人)に入ってくるのだから、ドライビングに関してはかなりの腕前と思われる。

 ただし、実はシビックタイプRがMFGに参戦したのはラウンド1の「小田原パイクスピーク」だけ。ラウンド2では前園はNSXに乗り換えてしまうことになる。MFGでは同メーカーであれば、シーズン中に車種を変更することが許されているのだが、これはシビックファンからしたら残念な話で、もう少しその戦う姿を見てみたかったと思うに違いない。

■乗れば必ず心を動かされる痛快マシン

 予選では、アルファロメオ 8Cや主人公・片桐カナタのトヨタ 86を押さえて13番手につけた。決勝レースがスタートしてすぐに、前方のロータス エキシージを追い詰め、コーナーでインを突こうとするが、ヤジキタ兄妹のコンビプレイに翻弄され、アルファロメオにスキを突かれ、同時にカナタの86にも抜かれてしまう。

 もちろんここでシビックタイプRのレースが終わることはなく、“FF最強”の威信を背負って、再度86に追いつく。しかし、いよいよFF対FRの真っ向対決が見られるかと思ったところで……物理法則を無視した86の異次元の走りの前に敗北を喫することになる。これはドライバーの腕の差であって、同車に直接的な敗北のファクターがあったとは思えない。

 たとえ、スーパースポーツカーのオーナーであっても、実際に試乗してみれば、そのキレの良さと官能性に思わずニヤリとさせられるだろう。そんなホンダのスペシャルな魔法が詰まった痛快マシンは、いつの時代も、走ることの楽しさを率直に表現してきた。シビックタイプRは、ホンダのスポーティイメージを高めるのに一役買ってきた功労者なのだ。

■掲載巻と最新刊情報

【画像 ギャラリー】名車の実車を写真で見る! ホンダ シビックタイプR(FK8型)(11枚)画像ギャラリー

シリーズ最新刊

MFゴースト9巻

コミックDAYSで試し読み コミックプラスで買う