なんとランボも登場!! V10の咆哮が86を襲う!? 『MFゴースト』名車列伝03 ランボルギーニ ウラカン 編


 伝説のクルママンガ『頭文字D』の意思を現代に受け継ぐ次世代のクルママンガ、『MFゴースト』。2017年の連載開始時から圧倒的な読者人気を獲得しており、12巻発売時点の現在で、ついに単行本累計発行部数300万部を突破した。

 同作品に登場したクルマたちの世界観と魅力を読み解いていく本連載。第三回の今回は、イタリアの猛牛こと「ランボルギーニ」のV10マシンを取り上げる。

文/安藤修也
マンガ/しげの秀一

【画像ギャラリー】名車の実車を写真で見る! ランボルギーニ ウラカン(8枚)画像ギャラリー

■イタリアン・ブランドの屋台骨を支えるモデル

 「ランボルギーニいちの名車といえば?」と問われた時、その答えは、世代ごとに異なるに違いない。

 例えば、スーパーカーブームを経験した50代以上の人であれば、 「カウンタック」あるいは「ミウラ」と答えるだろう。しかし、筆者にようなアラフォー世代にとっては、1990年代の「ディアブロ」のイメージは強烈だったし、アウディ傘下での第一弾モデルとなった「ムルシエラゴ」も強い印象を残している。

 これらはどれもV12エンジンを搭載したモデルばかりだが、実はランボルギーニで最も販売的に成功を収めたのは、V10エンジン搭載モデルなのだという。ランボルギーニの象徴であるV12モデルには長い歴史があり、現在も販売され続けているが(「アヴェンタドール」シリーズ)、この情熱的なブランドの根幹を支えてきたのは、“ベビーランボ”とも称されるV10モデルなのだ。

ランボルギーニ ウラカン LP610-4/全長4560×全幅1875×全高1435mm、エンジン:5.2L V型12気筒、最高出力:640ps、最大トルク:61.2kgm、最高速度:325km/h、0-100km/h加速:2.9秒(スペックは「EVO」)

 現役のV10モデルであるウラカンは、ガヤルドの後継車種として2014年から日本へ導入されている。1999年にランボルギーニがアウディの子会社となって以降、同社のスーパーカーはアウディ社の技術(エンジンやアルミフレームなど)をもとに開発されてきたが、このウラカンも後に発売されることになる2代目アウディR8の兄弟車となっている。

 車名は、ランボルギーニ歴代モデルの慣例に則り、闘牛界のレジェンド(つまり牛!)の名前から取られた。実用性を考えた結果、V12モデルのような上方に開く“シザースドア”は採用されなかったが、全体的なデザインは、先に登場していたV12モデル、アヴェンタドールの低くワイドなスタイリングが踏襲されている。先代モデルのガヤルドも直線基調のシャープなイメージだったが、より先鋭的で動物的な雰囲気を持つ。

■操るのはフェラーリに敵意を抱く男

 作中では、大石代吾の愛機としてMFG第1戦から登場しており、カーナンバーは「3」。つまり前年のランキングで3位を獲得した上位ランカーだとわかる。大石のウラカンは「LP610-4(改)」となっており、これはウラカンデビュー時のファーストグレードで、610馬力の4WDという意味の名称だ。

 ミドシップ搭載される5.2L V型10気筒自然吸気エンジンは、その後、年代ごとにバージョンアップされており、作中でも第1戦終了後に大石が、改良版となる「(LP640-4)ペルフォルマンテ」を欲しがっているシーンが見られる。

 なお、現在、実際に販売されているウラカンのベースグレード、「ウラカンEVO」は640馬力。また、4WD仕様だけでなく、2WDの「ウラカンEVO RWD」や、オープンモデルの「ウラカンEVOスパイダー」、サーキット仕様の「ウラカンSTO」など、ラインナップがかなり充実しているほか、これまでにいくつかの限定車が販売され、どのモデルも好評を博してきた。

 搭乗者の大石という25歳のドライバーについては、まだ作中でそれほど詳しく触れられていないが、どうやら相当なランボルギーニファンのようだ。バトル中にも「キング・オブ・ザ・スーパーカーと言えるのは、今やランボ様だけだろ」などと(心中で)発言しており、同じくMFGに参戦しているフェラーリ乗りの赤羽海人に対して、ギラギラした敵対心を抱いているのがわかる。 

次ページは : ■マシンの真価を発揮できる舞台に期待