人気MFGエンジェルスであり、恋するヒロイン! 『MFゴースト』を彩る人物列伝06 西園寺恋 編


 伝説のクルママンガ『頭文字D』の意思を現代に受け継ぐ新世代のクルママンガ、『MFゴースト』。2017年の連載開始時から圧倒的な読者人気を獲得しており、13巻発売時点の現在で、ついに単行本累計発行部数320万部を突破している。

 当連載では、同作品内で繰り広げられる『MFG』で活躍するドライバーや、主人公・片桐夏向の周囲を取り巻く人々など、魅力あふれる登場人物たちの人となりを分析し、そのキャラクターや人物像を明らかにしていく。

 今回は、作品のヒロインにして象徴的な役割を果たすキャラクター、西園寺恋について考察したい。彼女が見せる人間的成長、そして夏向とのラブストーリーの行方は?

文/安藤修也
マンガ/しげの秀一

【画像 ギャラリー】西園寺恋が恋する夏向のマシン・トヨタ86を写真で見る!(7枚)画像ギャラリー

■ユニフォームでわかる魅力的ライン

 しげの秀一先生と聞いて多くの人が思い浮かべるのは、『バリバリ伝説』、『頭文字D』、そしてこの『MFゴースト』といったクルマやバイクに関する作品ではなかろうか。しかし、しげの先生は『高嶺の花』、『セーラーエース』といった恋愛ストーリーも過去に手がけており、なんといってもキュートで現代的な若い女性キャラを描くことを得意としている。

『MFゴースト』のヒロインは、西園寺恋という17歳の高校2年生。これぞまさに、しげのイズムあふれる、まるで時代を切り取ったようにリアルで魅力的な女性キャラクターである。

 基本的に『 MFゴースト』は、「クルマの公道レース」という繊細かつ難しい題材を扱っている作品だが、彼女が登場シーンのおかげで、シリアスになりすぎず、センチメンタルにもなりすぎずにすんでいるようにも感じられる。

 恋は西園寺家のひとり娘で、普段はごく普通の高校生だが、近しい人のみ知っている秘密として「MFGエンジェルス」のアルバイトもしている。髪型は短めのボブで実際は黒髪だが、アルバイトの時は茶髪に一時的に染めているようだ。制服姿だと少しふっくらして見える時もあるが、実際はかなりスレンダーで、露出度の多いMFGエンジェルスのユニフォームを着ると、腹筋が浮き出て見えるほどである。

 MFGドライバーの相葉やファンからは「ヒップがいい」と絶賛されており、MFGエンジェルス同僚の京子からは「あまりに細くて……女のあたしでさえ思わずさわりたくなるくびれっぷりだよねー」とも。本人曰く、中学から高一まで陸上部だったということで、このような魅力的な身体のラインを身につけたようだ。

■気は強いが恋愛には奥手

 性格は気が強いことが一番の特徴で、第1話での相葉へのそっけない態度、ラウンド1予選後に夏向へビンタしたシーンなどは印象的だ。この気の強さは、手が出やすいことにもつながっており(笑)、得意技はボディブロー。緒方との久々の再会では見事に彼の腹へヒットさせている。もちろん17歳らしい無邪気なところを見せるシーンも多く、いい意味でツンデレな女子である。

 MFGエンジェルスの仕事をしているのだから、クルマへの興味もありそうだが、実際はその反対。特に父親をはじめとするカーマニアにありがちな、古いクルマを愛する趣味に対しては、「キライ。くさいし、あついし……わざわざ新しいものをさける意味がわかんない」と語っている。こういうところがいかにも現代の女子だ。

 ただし恋愛に関しては奥手。彼氏はいないどころか、男性と一度も付き合ったことないという。決して恋愛に興味がないというわけではなく、普通の女子高校生らしく、普通に恋愛に希望を抱いてきたのだが、「一人っ子だからワガママで自己中だ」と小さい頃から両親にずっと言われてきたことで、誰かと付き合ってもすぐ嫌われてしまうんじゃないかと勘繰ってしまうようだ。

 そんなちょっと屈折した恋愛観を持っていたため、「ひと目ぼれなんてあり得ない。ルックスなんてただのかぶりものみたいなものだし、中身とはカンケーないんだもん……」などと発言をしていた。

 しかし、両親から夏向を紹介された瞬間、「ヤバイ、百万ボルトの電撃が来た…!!」と簡単にひと目惚れしている(笑)。このあたりも彼女のチャーミングな部分である。

次ページは : ■「優しいことが男らしさ」という発言