軽さは正義! 蘇った名門は夏向の好敵手!! 『MFゴースト』名車列伝07 アルピーヌ A110 編


 伝説のクルママンガ『頭文字D』の意思を現代に受け継ぐ次世代のクルママンガ、『MFゴースト』。2017年の連載開始時から圧倒的な読者人気を獲得しており、13巻発売時点の現在で、ついに単行本累計発行部数320万部を突破した。

 同作品に登場したクルマたちの世界観と魅力を読み解いていく本連載。第7回となる今回は、MFG第2戦で初登場し、その後も夏向と86の良きライバルとなっていく、ライトウェイトスポーツモデル、アルピーヌA110を取り上げたい。

文/安藤修也
マンガ/しげの秀一

【画像 ギャラリー】名車の実車を写真で見る! アルピーヌ A110 編(10枚)画像ギャラリー

■現代に蘇ったラリーの雄

 2017年にこのA110がルノーから発売された時、世界中のカーガイ(クルマ好き)たちが一斉に注目した。それはかつてフランスに存在した「アルピーヌ」と呼ばれるメーカーが1960~1970年代に販売していたモデルで、ラリーシーンでも活躍した名車中の名車であったからだ。

 オリジナルは1977年に生産終了となったが、アルピーヌを傘下としたルノーが、現代の技術を注ぎ込んで2017年に復活させたのが、現代のアルピーヌ A110である。

アルピーヌ A110/全長4205×全幅1800×全高1250mm、パワーユニット:1.8L 直列4気筒ターボエンジン、最高出力:252ps/6000rpm、最大トルク:320Nm/2000rpm

 デザインはオリジナルのアルピーヌをモチーフにしており、現代風にまとめられた。4灯ヘッドライトからサイドを通ってリアへと絞り込まれていくボディライン、尻下がりのフォルムなど、その再現度は非常に高いが、オリジナルと並べると全体的なバランスは変わってくる。

 現代的な太いタイヤを履くため、フェンダーは大きく張り出し、全体的にはワイドで塊感がある。そこには約60年もの時間の隔たりと技術の進歩があるからだ。

 オリジナルモデルがRR(リアエンジン・リア駆動)だったのに対し、現行型のエンジンは車体中央にミッドシップマウントされている。ただでさえ軽い1110kgの車体は、高い旋回性を備えており、ステアリングを切ればリニアにクルマの向きを変えることができる。エンジンフィールもハンドリングも最高に気持ちいいモデルに仕上がっている。

 なお、トランスミッションはATのみだが、MTの設定がないのは現代のスタイル。フェラーリやランボルギーニも同じである。

■モンスターマシンを驚かせるほどの速さ

 MFG開幕戦「小田原パイクスピーク」終了後、主人公の片桐夏向がターンパイクでテスト走行していた際に、後方から一瞬で86を抜いていったのが、A110の初登場シーンとなった。改良を施した86で快走していた夏向をいともたやすく追い抜くという離れ技を、いきなりやってのけたのだ。

 同車のドアには、ゼッケン4が貼られており、搭乗している沢渡光輝(さわたり こうき)は前年度ランキング4位のドライバー。過去にフランスでのモータースポーツ留学の経験がある猛者であり、実は夏向とは現地のレースで絡んだことのある因縁の相手であった。

 開幕戦は彼女とのデートがあり(!)参加しなかった沢渡だったが、第二戦「芦ノ湖GT」の予選ではキレキレの走りを見せる。予選2日目に登場すると、驚愕のコースレコードを樹立したのだ。結果的には、最終日にベッケンバウアーが駆るポルシェ 718ケイマンにタイムを上回られてしまうが、ハイパワー車に乗る上位ランカーたちを驚かすには充分な速さを見せつけた。

 そして、いよいよ迎えた決勝レースの天候は雨。ライトウェイトスポーツカーのアルピーヌ A110にとっては有利な局面となる。案の定、1周目からポールポジションスタートの718ケイマンとランデブーする展開となり、3位以下のマシンを寄せ付けない一騎討ちとなった。

次ページは : ■MFG史上最高にドラマチックなオーバーテイク