レースも恋も! 大和魂でいつでも全開アタック!! 『MFゴースト』を彩る人物列伝01 相葉 瞬 編


 伝説のクルママンガ『頭文字D』の意思を現代に受け継ぐ新世代のクルママンガ、『MFゴースト』。2017年の連載開始時から圧倒的な読者人気を獲得しており、13巻発売時点の現在で、ついに単行本累計発行部数320万部を突破している。

 当連載では、同作品内で繰り広げられる『MFG』で活躍するドライバーや、主人公・片桐夏向の周囲を取り巻く人々など、魅力あふれる登場人物たちの人となりを分析し、そのキャラクターや人物像を明らかにしていく。

 記念すべき第1回目となる今回は、心優しき熱血漢にしてGT-Rのステアリングを握る相葉瞬を取り上げる。「カミカゼヤンキー」と夏向との関係は、そして恋の行方はどうなっていくのか? 

文/安藤修也
マンガ/しげの秀一

【画像 ギャラリー】相葉瞬の愛車・GT-Rを写真で見る!(9枚)画像ギャラリー

■地元出身のアツい男は恋に不器用な24歳

 『頭文字D』ファンの大きな期待と注目が集まるなかで連載が始まった『MFゴースト』において、一番最初に読者へ姿を見せたドライバーが、相葉瞬である。登場するなり、MFGエンジェルズの新人へ思いを寄せていること、そしてチャンピオンの栄冠を掴んだ暁には彼女にプロポーズすると、アツい野望を語っている。

 そんなちょっとアツい男、相葉瞬は、MFGが開催される地元・小田原出身の24歳。ショートのツンツンヘアーにあごヒゲをたくわえ、たくましい眉と大きな瞳が印象的な男らしいルックスで、作品開始当初は年齢相応の若々しさを感じさせたが、連載が進み、その行動や言葉を見ていくにつれて、オッサンくささを漂わせるようになっていく(笑)。途中、「超合金Z」という発言さえあり、本当はいったい何歳なんだというツッコミを入れたくなるほどだ。

 初登場シーンでは軟派な男と思わせたが、読み進めていくとまったく逆で硬派な男であることがわかる。可愛い娘なら誰にでも視線を向けるわけではなく、ただこの新人ちゃんにのみ想いを募らせている。ただ一途なだけだが、まだ名前も知らない女性に入れ込んでしまうあたり、ピュア過ぎるというか、ちょっとイタいやつではある(笑)。

 さらに後日、実は気が強かった新人ちゃんに冷たくあしらわれると、「たまらん……あの気の強そーなところ、まさにドストライク」と悶絶。M気質も見せた。

 また、同じくMFGのドライバーである沢渡光輝のことを、「17の女しか好きにならないっていう……筋金入りのロリコンなんだ」と言い、「つきあうならやっぱ、大人っぽくてセクシーなコじゃないと」と自分の理想を語っているが、後にこの新人ちゃんが17か18くらいと告げられてショックを受けることになる。

■「カミカゼヤンキー」の目標はトップ5入り

 相葉が搭乗するマシンは、日産GT-R NISMO改。ゼッケンナンバーは[9]で、前年のランキングは9位である。「MFGの古参」と自ら偉そうに(笑)語っているが、参戦4年目となるこの年は、ランキングトップ5入りを目指している。「あなたとGT-Rはイギリスでも人気でした」と夏向から言われており、”神フィフティーン”(ランキングトップ15)に入る相場は海外でも高い人気を獲得しているようだ。

 当然のように、相葉の走りはいつも闘争心全開だ。ファンからは「カミカゼヤンキー」という愛称をつけられている。ただ攻め過ぎたがゆえのタイヤの消耗やブレーキングミスなどもよく見られ、「終盤に失速してしまうレースがある」(実況談)のがたまにキズ。

 MFGラウンド1の「小田原パイクスピーク」では痛恨のオーバーランを披露している。一発の速さに関しては高い評価を得ているが、時には強引すぎるツッコミが物議を醸すこともある。

 そのいっぽうで、走行後はスタッフに映像データを送ってもらい自宅で徹底的に見直して研究するという勉強熱心な側面も持っている。夏向の実力を認めた後のラウンド2「芦ノ湖GT」予選では、「カナタのスピードの秘密を……盗めるものなら盗みてぇ!!」と心の声を漏らすなど、いつだって速さを追求するマジメで貪欲な男なのだ。

 そんな相葉の走りのルーツは、『頭文字D』に登場した池田竜次にある(『頭文字D』人物列伝 池田竜次編 参照)。池田は現在、小田原市の市議会議員を務めながら、実家のお寺の住職を勤め、さらに「モータースポーツを通じて青少年の健全な育成を推進する」ゼロ・アカデミーを主宰している。

 池田の相葉評は、ドライビングセンスには光るものがあったが精神面に問題があり、「どちらかといえば劣等生だった」というもの。どうやら闘争心が強すぎてそれが裏目に出てしまうのは昔からだったようだ。

次ページは : ■後輩思いの優しくて愚直な男