必見!【AE86、三菱GTOを維持するための処方箋】

■PART1/プロが教える、このクルマの実情、AE86編

取材協力/有限会社チューブガレージ http://www.tubegarage.co

AE86の実情について、その道のプロの見解はどうなのか? 愛知県のAE86専門店「チューブガレージ」の川口氏に取材を行った。生産終了から30年以上が経過したクルマだけに、タマ数や程度のよい個体を手に入れられるかが気になるが……。

「程度のよいAE86は、ほぼなくなりつつあります。国内だけでなく海外からも需要がありますからね。現時点で、アメリカ、ドバイ、中国、イギリス、オーストラリア、アイルランド、インドへ輸出されています」

R32GT-Rなど、海外へ流出していった個体は少なくない。AE86も例外ではないようだ。そんななか、現オーナーはもちろん未来のオーナーが心がけたいことは?

「屋根の下や屋内保管を推奨します。青空駐車の場合、ボディカバーをかけ、雨や紫外線からボディを保護してあげてください」

多くの人が気になる純正部品の供給状況については?

「機関系に関しては販売されていますが、外装系の廃番が増えつつあります。AE86は新車当時からレビンが人気だったので、まずレビン系の外装パーツの廃番が多くなりました。

その後、『頭文字D』の人気に火がついてからはトレノの外装パーツも廃盤が多くなりましたね。メーカー製作の型を修理しても思うような製品ができず、廃番に踏み切るケースもあるようです。

それでも『生涯、AE86を所有したい』というオーナー様が多数いらっしゃいます。メーカーさんには、特にブレーキマスターシリンダー、ファンカップリング、クォーターガラスモールディング、フューエルセンサーゲージデジタル用などの再生産を希望したいです」

これから、AE86を購入したいという方へアドバイスを。

「まずはご相談ください。週末になると多数のAE86オーナー様がご来店されます。当店はもちろん、ほかのオーナー様もきっと親身になってくれると思いますよ!」

AE86というクルマに魅力を感じ、心底惚れ込んでいるからこそ伝えられる言葉がある。お店に行くと何らかのヒントが得られるはずだ。

世代を超えて愛されているAE86。一生モノと言いきるオーナーも多い
世代を超えて愛されているAE86。一生モノと言いきるオーナーも多い
状態のいい室内。雨や紫外線から保護することで、内外装のコンディションを維持できる
状態のいい室内。雨や紫外線から保護することで、内外装のコンディションを維持できる

■まとめ/AE86・レビン/トレノの今後と購入対策は?

現役当時にAE86を手に入れた世代から、その子どもたちへ。2世代にわたって受け継がれる希有な存在といえる。オーナーとショップが一丸となってAE86を延命させるべく、日々奮闘している現実が浮きぼりとなった。

レビン&トレノいずれも、外装パーツ全般が欠品状態にあるようだ。海外への流出も進んでおり、この傾向は今後も加速していく可能性が高いこともわかった。

次の世代へAE86を引き継ぐために、純正部品の再生産などの延命策を強く望みたいところだ。

※スプリンタートレノの中古車はこちら![usedcar-search-2 carname=”スプリンタートレノ” limit=”2″]

※カローラレビンの中古車はこちら![usedcar-search-3 carname=”カローラレビン” limit=”3″]

■三菱GTOオーナーに聞く、その魅力と苦労とは?

安藤一弘さん(55歳)/新車で購入。28年間、48.4万㎞を走破。所有車:1991年式GTOツインターボ、購入時期:1991年、所有年数:約28年、走行距離:約48.4万㎞、年間走行距離:2万~2.4万㎞、2018年の自動車税:5万8600円、購入価格:約400万円
安藤一弘さん(55歳)/新車で購入。28年間、48.4万㎞を走破。所有車:1991年式GTOツインターボ、購入時期:1991年、所有年数:約28年、走行距離:約48.4万㎞、年間走行距離:2万~2.4万㎞、2018年の自動車税:5万8600円、購入価格:約400万円
外観をヨーロッパ仕様に仕立てたという安藤さんのGTO。2度のメーター交換を経ており、実は48万㎞をオーバーしているという
外観をヨーロッパ仕様に仕立てたという安藤さんのGTO。2度のメーター交換を経ており、実は48万㎞をオーバーしているという

新車購入のGTOを現在も所有する安藤さん。愛車に対する情熱は半端ではない。

「1989年の東京モーターショー会場に三菱・HSX(後のGTO)が展示されていて、『発売されたら絶対に買うぞ』と決意したことを覚えています。その後、1991年に買って28年間乗っています」

通勤の足がGTOという安藤さん。オドメーターの距離計を見ると……。

「過去に2度メーターを交換しているので実走行とは異なりますが、これまで約48.4万㎞走破しました。いくら乗っても飽きないんです。年に数回、青森県尻屋崎まで片道800㎞の日帰り旅をしていますよ」

気になるその愛車への維持費についてだが……。

「年間の維持費は約70万~80万円です。予防整備を行うと100万円単位になることも。現在、エンジンは2基目、マフラーとクラッチは4セット目です」

凄い! さらに純正部品の確保についても気になる。

「主治医はディーラーです。欠品しているのは、ウェザーストリップ、エンジンマウント、トランスミッションほか、多数です。ないものは後期型の部品などで対応しています。三菱さん、1日でも長く乗れるように部品の供給を続けてください! これから手に入れるとしたら覚悟が必要です」

安藤さんがこれほどの時間と手間をかけるほど溺愛するGTOの魅力とは?

「すべてです。所有できることだけで満たされます」

まさに一生モノ。安藤さんにとって、GTOは人生をともにできるクルマなのだ。

理事長さん(69歳)/新車で購入。25年、25.8万km走破。所有車:1993年式GTOツインターボ、購入時期:1993年、所有年数:25年、走行距離:約25.8万㎞、年間走行距離:約1万㎞、2018年の自動車税:5万8600円、購入価格:約450万円
理事長さん(69歳)/新車で購入。25年、25.8万km走破。所有車:1993年式GTOツインターボ、購入時期:1993年、所有年数:25年、走行距離:約25.8万㎞、年間走行距離:約1万㎞、2018年の自動車税:5万8600円、購入価格:約450万円

理事長さんも、新車で手に入れたGTOを現在も所有している。手に入れたきっかけは?

「当時40代でしたが、スポーツカーに乗りたいという思いがあり、その理想を叶えた存在がGTOだったんです。手に入れるまでの2年間、カタログを眺める日々でした」

恋い焦がれたGTOを手に入れたときの記憶は?

「まさに喜びをかみしめました。購入当初は、トイレや食事以外、ほとんど一緒に過ごしました。25年経った今でも目がハートになっている自分がいます(笑)」

なるほど(笑)。気になるのは維持費、純正部品の確保だ。

「通年でかかるのは約31万円(税金、ガソリン代、高速代、油脂類)です。今年は車検でしたが、こちらは約33万円(燃料ポンプ、タンク、ハブベアリング交換)でした。現在、欠品しているのはエアコンコントローラーや内装関連の部品など。絶版車に対する救済、三菱さんにもお願いしたいです」

GTOの魅力とは?

「スポーツカーらしいスタイリング、日常からの解放と至福の時を体現させてくれる必須アイテムです」

これからGTO購入を考えている方にメッセージを。

「経年劣化を考えると、すぐに購入価格を超えるメンテナンス費用がかかると思います。趣味性の強いクルマであることを理解したうえで判断してください」

安易に購入を薦めない理事長さん。1台でも多くのGTOが延命することを心から望んでの行為なのだ。

次ページは : ■PART1/プロが教える、このクルマの実情、三菱GTO編

シリーズ最新刊

MFゴースト9巻

コミックDAYSで試し読み コミックプラスで買う