ラストまでカッコいい! 『頭文字D』伝説モデルの進化列伝03 RX-7(FC3S型)編

ラストまでカッコいい! 『頭文字D』伝説モデルの進化列伝03 RX-7(FC3S型)編

 累計発行部数5500万部を超える伝説のクルママンガ『頭文字D』。クルマ好きの若者たちはこれを読み、古き良きスポーツカーに昂り、峠へと繰り出した。2020年には新装版も発売され、連載終了からおよそ10年が経過しようとしている現在でもその熱は冷めやらず、当時のクルマたちは中古車市場においても高い人気を誇る。

 本稿では、同作に登場した人気車をピックアップし、連載当時は詳しく語られなかった、各車の仕様(グレードやボディカラー)、カスタマイズ、チューニングの変遷などを紹介していく。第3回となる今回は、本作の影の主役ともいうべき人物、高橋涼介の愛車であるRX-7(FC3S型)を取り上げたい。涼介とFCのバトルシーンはそれほど多くなく、物語の重要なアクセントとなっていたが、果たしてどのような進化を遂げてきのただろうか。

文/安藤修也
マンガ/しげの秀一

【画像 ギャラリー】名車の実車を写真で見る!RX-7(FC3S型)編(5枚)画像ギャラリー

■純正に近い姿は涼介の性格を表す?

 FC3S型のRX-7は、RX-7としては2代目モデルで、搭載されたロータリーエンジンとともに世界的に注目を集めたスポーツカーだった。作中では高橋兄弟の兄、高橋涼介の愛車として登場し、まるで弾丸のような塊感のあるスポーティなスタイリングとともに高い人気を博した。

 作中に初登場したのは、Vol.1「ハチロク買おーぜ」の最終盤。赤城レッドサンズの面々が秋名山へ遠征してきた場面である。この時、レッドサンズはFD(FD3S型のRX-7)を先頭に押し出して走行しており、FCは2番手でチラチラと見える程度であった。

 その姿が明確に描かれるのは、Vol.2「最速!! ロータリー・ブラザーズ」だ。秋名山での練習走行を終えた高橋兄弟が、秋名スピードスターズの実力について語る場面。FCのボディカラーは白で、純正色に照らし合わせるなら「クリスタルホワイトパールマイカ」である。紙面はモノクロであったためこの時点では判明していなかったが、のちに高橋涼介の異名が「赤城の白い彗星」であることがわかり、白いボディカラーだと確定される。

 エクステリアを見ると、エアロバンパー、サイドスポイラー、リアウイングなどが見られるが、どれも後期型の純正エアロパーツと思われる仕様だ。唯一、エアロミラーは社外製のようで、なだらかな流線型のものが取り付けられている。また、ドアには複数のパーツメーカーの(?)ステッカーが貼られており、これは当時の流行りを反映したものである。

 リアフェンダー上には「RedSuns」とチーム名のステッカーが貼られている。峠で走り屋がこれを見たら、「あの赤城レッドサンズのRX-7だ!」と恐れおののいたに違いない。また、マフラーもかなり大きめの排気口になっていて、社外パーツを取り付けてたようだ。

 初登場時からホイールは5本スポークのパナスポーツ風デザインのものを装着していたが、妹の緒美(つぐみ)を迎えにきたシーンでは、6本スポークのホイールに変わっている。家族とはいえ女性を乗せるときは、乗り心地を気にしてタイヤ&ホイールを変更したのだろうか。拓海へのバトルの誘いを花束とともに送るくらいのキザな男だからやりかねない(笑)。

次ページは : ■こだわりを捨ててセッティングを変更する

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

シリーズ最新刊

MFゴースト9巻

コミックDAYSで試し読み コミックプラスで買う