車と同じくらい個性豊か! レースを盛り上げる天使たち 『MFゴースト』を彩る人物列伝11 MFGエンジェルス 編


 伝説のクルママンガ『頭文字D』の意思を現代に受け継ぐ新世代のクルママンガ、『MFゴースト』。2017年の連載開始時から圧倒的な読者人気を獲得しており、14巻発売時点の現在で、ついに単行本累計発行部数350万部を突破している。

 当連載では、作品内で繰り広げられるガソリン車のレース『MFG』で活躍するドライバーや、主人公・片桐夏向の周囲を取り巻く人々など、魅力あふれる登場人物たちの人となりを分析し、そのキャラクターや人物像を明らかにしていく。

 今回は、作中の可憐なる華にして、レースを彩る女性アイドルユニット「MFGエンジェルス」をまとめて取り上げたい。小出しになってきた各人のプロフィールをまとめて見ると、より愛らしく見えてくる? アナタの推しメンは果たして誰か?

文/安藤修也
マンガ/しげの秀一

【画像ギャラリー】MFGエンジェルズが彩るMFGに参戦するスーパーカーを写真で見る!(13枚)画像ギャラリー

■美しくセクシーな8人のアイドル

 レースクイーンという存在は、いつの時代もレースを彩ってきた。『MFゴースト』の作中においても、「MFGエンジェルス」と呼ばれるレースを盛り上げるアイドルチームが存在している。美しくセクシーなコスチュームはラウンドごとにモデルチェンジされ、読者の目を楽しませてくれるが、基本は白とオレンジの2色構成。チョーカーと背中のウイング(羽)はマストとなっている。

 さまざまな場面で華やかな容姿を披露してくれるエンジェルスの面々だが、決勝レースの山場など白熱しているシーンでは出てこない。予選の合間や決勝レース中の息継ぎシーンなど、”いいタイミング”で彼女たちの登場シーンが差し込まれ、読者にふっと息継ぎの間を与えてくれるのは、「さすが、しげの先生!」としか言いようがない。

 毎年メンバーは更新されており、4代目メンバーとなる今シーズンは、8人で構成されている。各人のプロフィールはMFG公式サイトで掲出されているようだが、新人の「7番」のみプロフィールは非公開とされている(詳細は後述)。基本的な仕事内容は、カウントダウンボードを掲げることやパイロットを見送ること。予選は2人ずつのシフト制になっていて、決勝レース日は8人全員が集合することになる。

■レースを盛り上げ、支援するさまざまなお仕事

 決勝レースの前にはミニコンサートが開かれ、今シーズンはMFGのテーマソング「ブラインドコーナーなんてこわくない」を発売しているのだとか(オリコン初登場3位!!)。そして、彼女たちの仕事で最も注目を集めるのが、決勝レース中、順位が変動した際にリーダーズボード(順位表)を交換する作業である。

 ドローンでライブ中継するなどデジタル化されているMFGにおいて、なぜ手作業での交換が課されているのかといえば、ボードを交換している最中のエンジェルスのメンバーをじっくり撮るため。この時、ファンサービスという名目で、カメラがヒップやバストに寄ってくるのだが、この影響が大きいのか、MFG全体のカメラ映像のなかでもエンジェルスカメラは視聴率が高いと言われている。

 同じファンサービスの一環として、決勝レース中にはメンバーへのクエスチョンタイム(インタビュー)もある。「イチ推しのドライバーは誰?」「この夏どう過ごす?」など、彼女たちの性格や横顔がわかるような質問が用意されていて、その答えから各人の性格が実によくわかる。

 レース終了後には、最後の仕事として、セレモニー(表彰式)で表彰台に上がったドライバーの頬に祝福のキスをすることになる。時代を鑑みても、たぶん断ることはできるのだろうが、エンジェルスメンバーは仕事であり、ファンサービスの一環として素直に実行している。なお、これは指名制になっており、ドライバーがお気に入りのメンバーを選ぶことができる。ドライバーの役得たるやこの上なし!

次ページは : ■個性的で魅力的なメンバーたち