師匠はあの藤原拓海!! 卓越した速さを持つ主人公『MFゴースト』を彩る人物列伝05 片桐夏向 編


 伝説のクルママンガ『頭文字D』の意思を現代に受け継ぐ新世代のクルママンガ、『MFゴースト』。2017年の連載開始時から圧倒的な読者人気を獲得しており、13巻発売時点の現在で、ついに単行本累計発行部数320万部を突破している。

 当連載では、同作品内で繰り広げられる『MFG』で活躍するドライバーや、主人公・片桐夏向の周囲を取り巻く人々など、魅力あふれる登場人物たちの人となりを分析し、そのキャラクターや人物像を明らかにしていく。

 今回は、満をじして主人公・片桐夏向を取り上げる。彼はなぜ日本へやってきたのか、そして天才的ドライビングテクニックはどこで養われたものなのか、ラウンド3終了時点で判明している彼に関する情報を総ざらいする。

文/安藤修也
マンガ/しげの秀一

【画像 ギャラリー】片桐夏向が駆るトヨタ 86を写真で見る!(10枚)画像ギャラリー

■両親、そして生い立ちの謎

「カナタ・リヴィントン」こと日本名「片桐夏向(かたぎり かなた)」は、日本人とイギリス人の血を引く19歳の青年だ。祖国、イギリスの名門レーシングスクールでドライビングを学び、日本で参戦したMFGでその実力を遺憾なく発揮して、MFG関係者や世界中のファンを驚かせている。

 英国人らしく長身で筋肉質、顔立ちは日本人に近く、純粋そうなキラキラとした瞳など、あどけない表情も見せるが、キリッとしている時はかなりのハンサムガイである。性格は、いかにも英国紳士のような優しさと礼儀正しさを持ち合わせており、ドライビング中であっても感情的にならないよう努めている。

 ただしシャイな一面も持っているため、それほど社交的ではないものの、日本語は日常生活でも困らないレベルで使いこなしている。彼のピュアさを感じられるエピソードといえば、牛丼、ホルモン、天丼、しらす丼、ファミレススイーツ、チョコ系の菓子など、日本のさまざまな食べ物と出会うたび、その美味しさに涙を流すほど感動している姿が見られる。

 イギリス人の母親であるキャサリンを亡くしたあと、祖父母のいる英国を離れているが、日本を訪れた理由については、本人が「行方不明の父親(片桐健)を探すため」と語っている。さらに、父親の目に触れやすくするため、MFGへ参戦するにあたって、幼い頃から慣れ親しんだ「リヴィントン」姓ではなく、父親の「片桐」姓を使ってエントリーした。

■ドライバーとしての輝かしい経歴

 日本へ到着してすぐ、神奈川県の藤沢市に降り立ったのが初登場シーンだ。日本でのホームステイ先はこの地に住む西園寺一家で、こちらの母親(西園寺真由子)というのが、夏向の母親(キャサリン)と美術大学時代の親友であった過去を持つ。

 また、MFG参戦において夏向の協力者となる緒方も、西園寺家の父親から紹介してもらう。そして、西園寺の一人娘・恋(れん)のことは、はじめそれほど意識していなかったものの、さまざまな事象を乗り越え、ともに時間を過ごしていくことで恋が芽生えることになる。

 物語を読み進めていくうちに夏向のドライバー歴は明らかになるが、これがまた興味深い。4歳からカートを始め、7歳で英国カート選手権に参戦、その後2年で英国のタイトルを6つ獲得(かのミハエル・シューマッハーでさえカートのタイトルを獲得したのは15歳だった!)。10歳でF4選手権に参戦し、2年目でタイトルを奪取している。

 さらに、英国でも名門と知られるRDRS(ロイヤル・ドニントンパーク・レーシング・スクール)を首席で卒業している。当然、ドライバーとしての将来性を買われて、さまざまなレーシングチームなどからオファーがあり、英国、そして世界を舞台にした輝ける未来が待っていた……はずだったが、彼はすベてのオファーを蹴って故郷のケンブリッジに戻るという選択をした。この頃、母親が亡くなったのである。

 母親を亡くしたことでモチベーションを低下させ、レースに背を向けて引きこもったようだが、約2年の空白を経て、父親探しのため来日し、MFGに参戦することになった。当然、レースに対してブランクはあったはずだが、その超絶テクニックは衰えていなかったようだ。

次ページは : ■師はあの伝説のダウンヒラー