かつてのゼロ理論の探究者は相葉の師匠に! 『MFゴースト』を彩る人物列伝15 池田竜次 編

■今も変わらないゼロ理論とは?

 このラウンド2「芦ノ湖GT」の決勝は、あいにくの雨。ウェットコンディションでのドライバーの心構えについて聞かれた池田は、「ひとことで言えば忍耐力でしょう…」と返す。タイヤと路面の接地状況が目まぐるしく変わり、水しぶきで視界も悪い、ネガティブ要因の重なるなかでは、いかに冷静な判断力を維持できるかが重要。つまり、カギを握るのはメンタルの強さだと主張する。

 このあたり、池田が若い頃から主張してきた「ゼロ理論」に通じるところがある。池田曰く「感情は冷静な判断と正確な操作のじゃまをする…。すべての感情を封印し、無(ゼロ)になることこそ、理想的なドライビングスタイル」ということだ。また、彼がかつて高橋啓介とバトルした際も雨であったが、この芦ノ湖GTの解説をしながら、レース終盤に、池田が当時のバトルを重ね合わせて懐かしむ様子が語られることになる。

 レース序盤、「死神(デスエリア)」と呼ばれる火山灰が堆積したエリアに差し掛かると、メンタルの整っていない数名のドライバーは焦り、あるいは昂り、スピンをしないまでもミスをしていく。そのなかで池田が注目したのは、主人公・片桐夏向である。「このクルマ(86)だけがデスエリアにあって、マシンの挙動を全く乱さないのですよ。ピシャリと安定していて、非常に不気味な存在です」と驚きとともにそのドライビングテクニックを高く評価している。

 さらに夏向の走りを、「これはドライビングの技術だけでなく、クルマのウェットセッティングがうまくきまっているということでもあります…。優秀なメカニックがついたのかもしれません…」と評しているが、かつての(チーム・スパイラルでの)相棒である奥山広也が夏向の手助けをしていることを知っていて、あえて知らないふりをしているようだ。憎めない男である。

■愛弟子・相葉瞬との関係性とMFG上層部への思い

 決勝レース中、GT-Rを駆る相葉瞬が、「池田さんが見ている前で、みっともないレースはできない…。ゼロ・アカデミー出身ドライバーとしては…」と突然つぶやき、相葉が池田の教え子であったことが判明する。たしかに相葉は地元小田原出身とアナウンスされているので、若い頃から地元に根ざした活動をしてきた池田に師事していても決しておかしくはないだろう。

 しかし相葉瞬といえば、チャレンジ精神に溢れた好人物である一方、しばしばおっちょこちょいな部分も見られるドライバー。本当に池田の教えを受けてきたのかと疑問に思っていると、レース中に池田自身がこう語ってくれる。「ドライビングのセンスには光るものがありました…問題は精神面(メンタル)なんです」、「相葉君はメンタルのコントロールがヘタなんですよ」、さらに「ゼロ理論を、たぶんほとんど理解できていなかったのだと思いますね(苦笑)」とも。

 つまり、弟子とはいえ池田とは正反対の性格で、ドライビングにもそれは表れているようである。それでも池田は弟子が可愛いのだろう。「あれでなかなか人望が厚いのです」、「後輩へのめんどうみもいいですしね」、「心優しい熱血漢という形容がぴったりのナイスガイなんです」と、ドライバーとしてはあまり救われないフォローも入れている(笑)。

 レース終盤、濃霧発生という悪条件下でもレース続行を指示したMFG上層部に対しては、「そこにはリョウ・タカハシ君が発するメッセージがあります」、「わたしは全面的に彼等の信念を支持します」と宣言。別の場面でも、リッチマンズレギュレーションと呼ばれる状態についても、「(グリップウェイトレシオの)レギュレーションの理解がまちがった方向に向かっているんですよ」と嘆くなど、『頭文字D』の頃と同様、高橋涼介と気心を通じている様子が描かれている。

■掲載巻と最新刊情報

【画像ギャラリー】池田竜次のかつての愛車、フェアレディZ(Z33型)を写真で見る!(4枚)画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫